中学校は不登校問題を生みやすい、相談は担任教師へ

subpage1

小学生の子供たちは基本的にとても素直です。担任教師や保護者の言うことをよく守ります。



日本の公教育は他の先進国と比較しても、非常に教育水準が高く、特に道徳面の指導が評価されています。

産経デジタル情報が様々な条件で検索可能です。

子供たちは小学生の頃から、愛や自由、平等、博愛といった考え方を教師を通じて学んでいきます。
そのため、大抵の小学生はクラスメイトと仲良く過ごせますし、弱い立場の友達や同級生が居たとしても、彼らの弱みに付け込んでイジメたり、不当な要求を繰り返す等の悪事は働きません。

一方で良いも悪いも自我が発達してくる中学生の時期になりますと、小学生の時期とは正反対に、クラス内で暴力事件やイジメ問題、恐喝事件などがしばしば起きます。
身体特徴が目立つ生徒、障害を抱える生徒、同調圧力に従わない真面目な生徒程、中学生の時期はイジメられる傾向があり、酷い暴力や恐喝事件の巻き込まれた子供たちは、心に傷を負って不登校へと至ります。


不登校になる生徒イコール不真面目な生徒だ、という心ない意見がありますが、実際は正反対である事が多く、不登校に陥る生徒程、本質的には真面目なケースが多いです。


中学生の頃に不登校状態へ陥ると高校進学が危うくなりますので、保護者は我が子の異変に気づき次第、イジメ解決に向けて相談をしなければいけません。

まず最初は学校の担任教師に相談をしましょう。


大抵の場合は一度相談するだけで何かしらの改善策が施されるため、相談さえ学校側に申し入れておけば、我が子の不登校は自然と治っていきます。



ただ、イジメ問題の範疇に入れてはいけない、悪質性が極めて高い事件や事故の被害に、我が子が遭遇していた場合は学校だけではなく、警察にも事態を相談しなければいけません。

いまどきの教育

subpage2

朝起きられない、目が覚めても具合が悪い。だけど病院へ行っても特に病気があるわけではない。...

more

教育関係の真実!

subpage3

学級崩壊とは、小学校や中学校で生徒が教師に対して暴力をふるったり、真面目に勉強をする生徒の邪魔をするなどして、授業が成り立たず教師達が手に負えなくなってしまっている状態を指します。学級崩壊や不登校で問題になっている地域の小学校では、子供が不登校になろうが相談をしようが学校側はなにも言い返しません。...

more

人に言いたい教育

subpage4

授業内容がわからなくて学校に行きたくない、いじめにあうので学校に行きたくないという子供が増えています。学校に行きたくないという子供を無理やり行かせてしまうと、精神的に追い詰められたような気持ちになってしまい、最悪の場合、自殺を選んだしまう可能性があるので、無理に強要してはいけません。...

more

教育の秘訣

subpage5

思春期の子どもは成長期でもあるので、身体と精神とが追い付かず、いきなり学校に行かなくなったり、親の話を聞かなくなったりと様々な変化を見せます。反抗期の場合は、親と話をしなくなってもさほど心配はありませんが、不登校を起こした場合はどうしたものかとあれこれ聞いてしまうことがあります。...

more