子どもが不登校になったら相談することが必要

subpage1

授業内容がわからなくて学校に行きたくない、いじめにあうので学校に行きたくないという子供が増えています。

産経ニュース選びをお手伝いします。

学校に行きたくないという子供を無理やり行かせてしまうと、精神的に追い詰められたような気持ちになってしまい、最悪の場合、自殺を選んだしまう可能性があるので、無理に強要してはいけません。


ただ学校に行かない場合、不登校になって家で引きこもってしまう可能性があります。


一度引きこもってしまうと、なかなか外に出たり、再び学校に通うというのは大きな決断が必要になってくるので、子供に大きな負担を与えてしまうことになります。


そのため、不登校になったら早めに担任教師に相談したり、NGO団体などに相談することが必要です。
相談することによって、子供だけでなく親の負担を軽減することができますし、不登校になった子供をこれからどう導くかを客観的に見てアドバイスをしてもらうことができます。

さいきんでは不登校になった子供たちが、フリースクールに通うことが増えています。


フリースクールでは、勉強をしたり趣味に没頭するなど、子ども達が好きなように過ごすことができるようになっています。
同じように不登校の子ども達と触れ合うことによって、孤独な気持ちを払拭することができますし、再び学校に通ってみようという勇気を出すことにつながります。



家で引きこもりになるのではなく、同じ子供たちや教師と対話をすることによって社会とのつながりを保つことができます。